Cult7 works

秀 香穂里の商業誌情報です

「虜−とりこ−」


「虜−とりこ−」挿絵:山田ユギ様/2004.9/徳間書店
藍原(あいはら)はクールな美貌の凄腕麻薬取締官。現在追っているのは、危険度Aの新種ドラッグと、その密売に関わる“ゼロ”と呼ばれる男だ。捜査中のある日、藍原は聞き込みに訪れた喫茶店で一人の男と出会う。精悍な容貌が目を惹く年下の男・神堂(しんどう)――単なる店番のはずが、どうやら裏世界にも顔が利くらしい。怪しいと思いつつ、惹かれていく藍原だが!? 死線で交わす愛とSEX――ハード・アダルトラブ!!
キャラ文庫 | author : 秀 香穂里