Cult7 works

秀 香穂里の商業誌情報です

1/27「隣人には秘密がある」キャラ文庫

rinjin.gif

「隣人には秘密がある」/挿絵:山田ユギ様/徳間書店
祖父が病に倒れ、ボロアパートの管理人を任された大学生の太一(たいち)。クセ者揃いの住人は売れっ子ホストにパチプロ、中でも一番厄介なのがポルノ作家の吉住(よしずみ)だ。クールな眼鏡越しに「どの場面で発情する?」と自分の新作を読ませて、反応を観察してくる。始めは反発していた太一だけれどある夜、吉住が密かに住人達とアパートを抜け出す現場を目撃!! 彼が隠す秘密に好奇心を煽られて…!? 
キャラ文庫 | author : 秀 香穂里

1/25「血鎖の煉獄」ラヴァーズ文庫

kessa.jpg

「血鎖の煉獄」/挿絵:奈良千春様/竹書房
「他人に軽々しく触らせてんじゃねぇ。父さんはもう俺のもんだってこと、今からたっぷりと教えてやるよ」
心療内科医の国友は、16歳しか歳の離れていない息子と二人暮らしをしている。
穏やかで優しい性格の国友と違い、クールで野性的に育った息子の悟は、仕事のモデル業にふさわしく、他人を惹きつける絶対的なカリスマ性を持っている。
しかし、その悟が異常なほど独占欲を示すのは、父親の国友に対してだけだった。
国友の周りの人間を嫌う悟の独占欲は、ある出来事で更にエスカレートし…。
乱暴な執着愛によって寝室で壊される親子関係。
ラヴァーズ文庫 | author : 秀 香穂里